レーシックで視力回復 〜明るい毎日、いきいき生活〜

レーシック,LASIK 】 Laser in Situ Keratomileusis
レーシックとは、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜に高精度の医療用エキシマレーザーを照射し角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術であり、レーシックにより角膜や水晶体の屈折異常によって起こる近視や乱視,遠視を治療,回復することができます。
レーシックが優れている最大の特長は、フラップを作成することにより、角膜の表層部を温存できる点にあります。これによって、これまでの屈折矯正手術と比べ、安全性と手術後の回復力が飛躍的に高まりました。

このような、レーザーによる視力回復手術にも種類があり、技術の進歩によって、自分に最適な方法を選ぶ事ができるようになりました。代表的なものに、レーシック、イントラレーシックウェーブフロントレーシック、エピレーシックなどがあります。その他に、フェイキックIOL、角膜内リング、
オルソケラトロジーなど、視力回復や乱視治療に効果がある最新の技術があります。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジー(Orthokeratology)は 視力回復乱視治療に有効なレーシックとは一線を画す技術で、特殊なカーブデザインが施されたハードコンタクトレンズ(高酸素透過性)を装用することで角膜形状を変形して矯正し、主に近視などの眼科的屈折異常を治療する角膜矯正療法です。

従来の眼科的近視屈折手術と異なり、酸素透過性の高いコンタクトレンズを夜間装用することで角膜形状を矯正し、レンズを外した後も一定期間裸眼視力を維持できることが大きな特徴でとなっています。

オルソケラトロジーは酸素透過性を高めたコンタクトレンズ素材が基盤となっており、使用されるコンタクトレンズについてはアメリカ食品医薬品局 (FDA) でその安全性が認められたコンタクトレンズの使用が推奨されています。

世界的にオルソケラトロジーの有効性と高い安全性が医学会のみならず一般社会にも広く受け入れられ急速に普及しており、こどもから高齢者に至るまで幅広い屈折異常患者に本治療の適応があるとされています。

その安全性から、アメリカ連邦航空局(FAA)にて良好な視力が要求される定期航空便パイロットの近視治療法として本治療が認可されていることにも代表されるように、日本でもさまざまな視力規定のある各種資格試験でも本治療が認可されています。
また、従来のコンタクトレンズ装用が望ましくないスポーツ選手(特にラグビー、アメリカンフットボール、格闘技などの接触競技や野球、サッカーなどの砂塵の多い屋外環境下競技など)の矯正方法としてはオルソケラトロジーが適しているとされています。

オルソケラトロジーとは、就寝時に特殊なデザインを施した高酸素透過性ハードコンタクト レンズを装用すると、起床時までに角膜の形が矯正され、一時的に視力回復できるという、画期的な近視治療法です。

《オルソケラトロジーの特徴》
*オルソケラトロジーレンズは、従来のコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜、寝る際に装用して朝起きたら外します。夜間装用なので、レンズを紛失したり、ほこり等が入って眼を痛めることもありません。

*レーシックのような外科的手術ではないので、オルソケラトロジーレンズの装用を中止すれば角膜は元の状態に戻ります。
*角膜に柔軟性のあるこどもには極めて有効な手段といえます。特に視力がまだ安定しない18歳以下の方にすぐれた効果を期待できます。

*個人差はありますが、わずか1〜2時間の装用で、かなりの視力の好転を感じることができます。

* オルソケラトロジーレンズのケアはハードコンタクトレンズと同じです。

《オルソケラトロジーの効果》
軽度から中程度の近視の方に有効な治療法で、中程度の近視(視力が0.05から0.1くらい)なら、約2週間の治療で0.7から1.0くらいまで視力が回復します。
しかも放っておくとどんどん進んでしまう近視の予防にも効果があると言われています。

※最新技術としては、オルソケラトロジーの技術を発展させた「オサート(OSIERT/Ortho-K)」という、重度の近視乱視遠視、円錐角膜、屈折術後の再近視化などの難治性、難矯正性の屈折異常に対しても効果のある技術もあります。

視力回復や乱視治療には、レーシックの他にもオルソケラトロジーのような技術もあります。それぞれに、一長一短がありますので、医師によく相談して、自分に合った方法で治療する事が大切です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。