レーシックで視力回復 〜明るい毎日、いきいき生活〜

レーシック,LASIK 】 Laser in Situ Keratomileusis
レーシックとは、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜に高精度の医療用エキシマレーザーを照射し角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術であり、レーシックにより角膜や水晶体の屈折異常によって起こる近視や乱視,遠視を治療,回復することができます。
レーシックが優れている最大の特長は、フラップを作成することにより、角膜の表層部を温存できる点にあります。これによって、これまでの屈折矯正手術と比べ、安全性と手術後の回復力が飛躍的に高まりました。

このような、レーザーによる視力回復手術にも種類があり、技術の進歩によって、自分に最適な方法を選ぶ事ができるようになりました。代表的なものに、レーシック、イントラレーシックウェーブフロントレーシック、エピレーシックなどがあります。その他に、フェイキックIOL、角膜内リング、
オルソケラトロジーなど、視力回復や乱視治療に効果がある最新の技術があります。

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)は、乱視視力回復の中でも特に乱視治療に効果があるもので、これまでは不可能だった細かな高次収差をウェーブフロントアナライザーという高精度の検査機器で解析し、矯正するレーシックです。
収差や不正乱視を矯正することで、通常のレーシックよりさらに視界のボケやにじみが改善され、同じ視力でもよりクッキリと見えるなどの「見え方の質の向上」が期待できます。

ウェーブフロントレーシックでは、まず、ウェーブフロントアナライザーで眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的にデータ解析を行います。そして、ウェーブフロントアナライザーと直接データをリンクさせて、高次収差を無くすようにレーザーを照射します。正式にはWavefront-guided LASIKと呼ばれます。

収差とは、光の波長の違い、また光線がレンズを通過する角度や位置によって、光束(光線の束)の集まる位置(焦点)が多少ずれる現象のことを言います。

不正乱視とは、主に角膜(まれに水晶体)の表面が平滑でなく、不規則に凹凸があり、規則的な像を結ばない状態を表します。
生来の凹凸、もしくは角膜疾患などによってできた角膜表面の凹凸が、光の屈折を歪めます。屈折した光が網膜に結像せず、遠くも近くも見にくい、また片眼で見ても像が二重に見えるなどの症状が見られます。

このように、ウェーブフロントレーシックはレーシックの中でも特に乱視治療に効果がある手術です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。