レーシックで視力回復 〜明るい毎日、いきいき生活〜

レーシック,LASIK 】 Laser in Situ Keratomileusis
レーシックとは、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜に高精度の医療用エキシマレーザーを照射し角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術であり、レーシックにより角膜や水晶体の屈折異常によって起こる近視や乱視,遠視を治療,回復することができます。
レーシックが優れている最大の特長は、フラップを作成することにより、角膜の表層部を温存できる点にあります。これによって、これまでの屈折矯正手術と比べ、安全性と手術後の回復力が飛躍的に高まりました。

このような、レーザーによる視力回復手術にも種類があり、技術の進歩によって、自分に最適な方法を選ぶ事ができるようになりました。代表的なものに、レーシック、イントラレーシックウェーブフロントレーシック、エピレーシックなどがあります。その他に、フェイキックIOL、角膜内リング、
オルソケラトロジーなど、視力回復や乱視治療に効果がある最新の技術があります。

レーシック費用

レーシック費用(手術費)についてです。
レーシック手術は、一般に言う保険が適用されません。
しかし、乱視を含む視力回復が、ほぼ安全に期待できるので、広く浸透してきました。
それに伴い、レーシックの費用も、だいぶ手軽なものとなってきました。
現在のレーシックの費用は、10万円〜60万円(両眼)と
だいぶクリニックによって開きがあります。
大切な自分の眼の手術ですので、費用だけではなく、
実績や設備などを十分考慮してクリニック病院)を選ぶ事が重要です。

次に、レーシックの費用の控除など費用割引についてです。
レーシック手術は「レーザー角膜屈折矯正手術」という名称で、
保険の種類によっては手術給付金を受けることができます。
生命保険会社や契約内容によって異なりますが、レーシック手術を受けたということで、手術給付金が支 給される場合があります。
加入している生命保険会社へご確認下さい。
なお、申請には診断書が必要となります。

また、レーシックを含む屈折矯正手術が、医療費控除の対象となる場合があります。
医療費控除とは、一世帯(同一家族)の医療費の合計が10万円を超えた場合、
医療費の総額から10万円を差し引いた金額が税金控除額として加算されるという制度です。医療費控除の申請は確定申告時に行います。
なお、控除の対象となるかどうかは、各自治体また税務署によって異なります。
学生の方は、学割が利くなどの特典もクリニック独自であります。

このように、レーシックの費用については知っているとお得な情報もたくさんあります
ので、自身で検討した上で、クリニックと良く打ち合わせをする事が大切です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。