レーシックで視力回復 〜明るい毎日、いきいき生活〜

レーシック,LASIK 】 Laser in Situ Keratomileusis
レーシックとは、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜に高精度の医療用エキシマレーザーを照射し角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術であり、レーシックにより角膜や水晶体の屈折異常によって起こる近視や乱視,遠視を治療,回復することができます。
レーシックが優れている最大の特長は、フラップを作成することにより、角膜の表層部を温存できる点にあります。これによって、これまでの屈折矯正手術と比べ、安全性と手術後の回復力が飛躍的に高まりました。

このような、レーザーによる視力回復手術にも種類があり、技術の進歩によって、自分に最適な方法を選ぶ事ができるようになりました。代表的なものに、レーシック、イントラレーシックウェーブフロントレーシック、エピレーシックなどがあります。その他に、フェイキックIOL、角膜内リング、
オルソケラトロジーなど、視力回復や乱視治療に効果がある最新の技術があります。

レーシック手術概要

1.レーシック フラップ形成
マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削りフラップを作り、めくります。
マイクロケラトームの代わりにイントラレーザーによってフラップを形成する術式もあります。

2.レーシック 角膜修正
レーザーで角膜の形を修正します。最新のレーザー装置にはアイトラッカーという機能がついており、手術中に目が動いたとしてもコンピューター制御によって正しい位置にレーザーの位置が修正されます。

3.レーシック フラップ接着
その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待ちます。
角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正されます。
また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能です。

4.レーシック 手術
実質、20分弱の手術です。
数分の休憩後、異常が見られない場合はそのまま帰宅となります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。