レーシックで視力回復 〜明るい毎日、いきいき生活〜

レーシック,LASIK 】 Laser in Situ Keratomileusis
レーシックとは、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜に高精度の医療用エキシマレーザーを照射し角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術であり、レーシックにより角膜や水晶体の屈折異常によって起こる近視や乱視,遠視を治療,回復することができます。
レーシックが優れている最大の特長は、フラップを作成することにより、角膜の表層部を温存できる点にあります。これによって、これまでの屈折矯正手術と比べ、安全性と手術後の回復力が飛躍的に高まりました。

このような、レーザーによる視力回復手術にも種類があり、技術の進歩によって、自分に最適な方法を選ぶ事ができるようになりました。代表的なものに、レーシック、イントラレーシックウェーブフロントレーシック、エピレーシックなどがあります。その他に、フェイキックIOL、角膜内リング、
オルソケラトロジーなど、視力回復や乱視治療に効果がある最新の技術があります。

レーシックの安全性

レーシックは世界中で年間数百万人の方が手術を受けて快適な裸眼生活を手に入れています。

レーシック手術例としては、プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が手術を受け成績が向上したのを皮切りに、多くの近視乱視に悩むスポーツ選手が手術を受けました。

最近は、特に乾燥したドームでの試合が多くなった野球選手が多く手術を受けるなど、レーシックの手術の技術や装置の進歩のおかげで、その安全性は信頼できるようになっています。

日本では、格闘家・角田信朗、プロゴルファー・片山晋呉、プロサッカー選手・柳本啓成、プロスキーヤー・三浦豪太、レーシングドライバー・星野宏元、元ヤクルトスワローズ・山部太、競輪選手・兵藤一也、プロサーファー・越後将平、バレエダンサー・三木雄馬などが、レーシックの手術を受けて活躍しています。

このように、今やレーシックは、激しいスポーツにも対応できるレベルになっています。

それぞれの体質や、環境に合った種類のレーシックを選ぶ事が重要です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。